カンティヨン・クリーク瓶375ml

価格: ¥1,485 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

写真のグラスは付属しません。

カンティヨン・クリーク_TM カンティヨン_ロゴ


カンティヨン・クリークは、ランビックにサワーチェリーを入れたビールです。ランビックビールとは、オーク樽で熟成させた自然発酵のビールです。約20ヵ月間熟成させたランビックビールに1リットル当たり200gのトルコ産サワーチェリーを加えます。2~3ヵ月経つと、ビールと、チェリーの味・香り・色とが一体になります。それは、さらに1年熟成させたランビックとブレンドされた際、発酵に必要な糖分を提供します。

カンティヨン・クリークはさわやかな酸味となめらかさがあります。はっきりしたチェリーの香りの他に、アーモンド、レモン、青リンゴのような風味もあります。チェリーとランビックから当然生まれてくる酸味と、チェリーと麦芽からくるわずかな甘さとは微妙なバランスを保っています。
若い間はさくらんぼのフルーティーさが優勢で、熟成させるほどランビックの特徴が広がります。
昔、カンティヨン・クリークは角砂糖と一緒に提供されていて、個人の好みに合わせて飲み物を甘くすることができました。ご自宅でぜひお試しください。

Cantillon Kriek is made by adding sour cherries to Lambic beer. Lambic beer is spontaneously fermented beer that is aged in oak barrels. For every liter of Lambic beer that has aged for approximately 20 months, 200 grams of Turkish sour cherries are added. After another two or three months, the Lambic beer has fully absorbed the taste, aroma and color of the fruit. At this point the fruit beer is blended with 1 year old Lambic to provide the necessary sugars to set the bottle fermentation in motion.

Cantillon Kriek is refreshingly sour and smooth. Apart from the obvious cherry aroma and flavor, hints of almond, lemon and green apples can be discovered. The sourness of both cherries and Lambic beer make for a logical sour taste, but a little sweetness of the cherries and grains ensure a delicate balance.
When drunk fresh, the fruitiness of the cherries will have the upper hand. The more you let it age, the more the characteristics of the Lambic beer will prevail.
In olden days, Cantillon Kriek was served together with a lump of sugar so customers could sweeten the drink to match their own preference. Why not try it yourself at home?



商品名(英) Cantillon Kriek 375ml ビールカテゴリ フルーツ・ビールランビック系
原材料 麦芽、ホップ、小麦、さくらんぼ 原産国 ベルギー
アルコール分 5.0% 醸造所 カンティヨン醸造所
内容量 375ml こんな料理に スペアリブ
商品サイズ 65mm x 245mm 飲み頃温度 12~15℃
重量 850g IBU 21

CANTILLON カンティヨン 醸造所

醸造所Brasserie Cantillon Brouwerij
所在地Rue Gheude 56, 1070 Brussels, Belgium
サイトhttps://www.cantillon.be/

カンティヨン醸造所 1900 年ポール・カンティヨン(Paul Cantillon) が、ブリュッセル郊外のアンデルレヒト(Anderlecht) に醸造所を設立しました。1945 年にポールの息子達のマルセルとロバート・カンティヨン(Marcel & Robert Cantillon) が経営を引き継ぎ、1968 年マルセルの娘婿の ジャン・ピエール・ヴァン・ロイ(Jean-Pierre Van Roy) が醸造所に加わることになりました。1978 年カンティヨン醸造所は、「ブリュッセル・グース・ ミュージアム」(Het Brussels Museum van de Gueuze) を醸造所の建物内に設立し、この建物は「活きた博物館」として人々に親しまれています。
Fruit Beer
フルーツ・ビール
フルーツビールといえば、伝統的なランビック、レッドビール、ブラウンビールにさくらんぼ(クリーク)、木苺(フランボアーズ)などの果実を 漬け込み、二次発酵を行った物が有名です。

しかし近年ではホワイトビールなどをベースにさくらんぼ(クリーク)、木苺(フランボワーズ)、クランベリー、カシス、青りんご、ピーチなどの 果汁をブレンドしたカクテル感覚のバラエティーに富んだビールが人気を呼んでいます。

Lambic Beer
ランビック・ビール
ランビックはブリュッセル南西に位置するパヨッテンラントという地域だけで醸造される珍しいタイプのビールです。

ランビックはこのあたりの空気中に浮遊する野生酵母を使用した、「自然発酵」と呼ばれるタイプのビールです。

正式にランビックと呼称出来るのは、この地域で造られたビールだけです。「自然発酵」はブリュッセルを横断するゼナの谷に生息すると 言われる野生酵母と他の微生物を一緒に取り込むことによって行われています。野生酵母を使用することによりランビックはより複雑な 香りを醸し出します。

ランビックの製造は非常にユニークです。例えば、原料に発芽していない生小麦を大麦麦芽に30%以上ブレンドして醸造を行います。 (ベルギー及び、EUの法律でランビックの呼称を得る為の小麦の使用量が規定されています)

また1年~3年間寝かせたホップを通常ビールに使用する量の3倍~6倍も使用しています。これはホップの風味をビールに使うのではなく、 ホップに含まれる殺菌効果を利用するためと考えられています。

絞られた麦汁は醸造所の屋根裏にある底の浅い冷却層で一晩冷やされます。それはその時に野生酵母を取り込むためといわれています。 その後オークや栗の木樽に入れ醗酵と熟成を行います。

ランビックの醗酵室は、薄暗く、「蜘蛛の巣」で覆われています。これは空気中に生息する蔵付の「野生酵母」を守るためといわれています。 また蜘蛛の巣は、雑菌を運ぶハエを捕るため、大切にされています。

関連商品

ページトップへ