お家でオクトーバーフェストセット-1

価格: ¥2,763 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

【ドイツ統一の日の特販❕❕】
ヴァルシュタイナー瓶330ml 8本おまとめ購入 ⇒ ジョッキ500ml 1個無料!

ヴァルシュタイナー_TM ヴァルシュタイナー_ロゴ


世界中で飲まれるジャーマン・プレミアム・ピルスナー
1753年以来、ドイツのアルンスベルクの森の近くで醸造されているヴァルシュタイナーは、淡い黄金色のピルスナーで、伝統的なドイツビールです。この森のマイルドな軟水を使用していて、軽くさわやかに仕上がっています。独特の素朴なアロマは大麦麦芽の優れた品質を表しています。最初はわずかに蜂蜜のような甘さがあり、後味にはマイルドでホッピーな苦味があります。リンゴのようなほのかな酸味とバランスの取れた味わいがあり、独特でプレミアム感のあるビールになっています。 ヴァルシュタイナーは軽くてさわやか、なめらなで口当たりの良いビールです。
ヴァルシュタイナーHPへ

Brewed since 1753 near the forest of Arnberg in Germany, Warsteiner is an authentic German pale golden pilsner. The mild and soft water discovered in the forest gives the beer a light and refreshing property. Warsteiner has a very characteristic, earthy aroma, showing off the superior quality of the used barley malt. Initial subtle honey-like sweetness gives way to a mild hoppy bitterness in the aftertaste. Combined with a pinch of apple-like sourness, the achieved well-rounded taste and overall balance makes it unique and premium beer. Warsteiner is light and refreshing, smooth and very quaffable.

ヴァルシュタイナー商品説明?



◆ヴァルシュタイナー瓶330ml、1本当りの情報
商品名(英) Warsteiner 330ml ビールカテゴリ ピルスナー
原材料 麦芽、ホップ 原産国 ドイツ
アルコール分 4.8% 醸造所 ヴァルシュタイナー醸造所
内容量 330ml こんな料理に ローストステーキ
商品サイズ 60mm x 240mm 飲み頃温度 4~8℃
重量 580g IBU 27


◆ヴァルシュタイナー ジョッキ500ml、1個当りの情報
タイプ ジョッキ
商品名(英) Warsteiner Mug
容量 500ml
商品サイズ 直径140mm x 高145mm
関連商品

WARSTEINER ヴァルシュタイナー 醸造所

醸造所Warsteiner Brauerei
所在地Domring 4, 59581 Warstein, Germany
サイトhttp://www.warsteiner.jp/

ヴァルシュタイナー醸造所 ヴァルシュタイナーの歴史は、1753 年にアントニアス・クラーマー(Antonius Cramer) が自宅でビールを造ったことにより始まります。1803 年にカスパー・クラーマー(Kasper Cramer) がヴァルシュタイン市 にドムシャンケという醸造所を移して以降、この家族経営会社はヴァルシュタイン市に根付くことになりました。1928 年にアルベルト・クラーマー(Albert Cramer Senior) はアルンスベルグの森(Arnsberg Forest) にカイザーケル(Kaiserquelle) という水源を発見しました。この軟水のおかげでより上質なピルスナーを造ることに成功しました。今では、ドイツで一番大きな家族経営の醸造所です。
Pilsner
ピルスナー
単刀直入に言って、ピルスナーは世界中で一番愛され、飲まれているビールです。
もちろん、今の時代、多種多様なピルスナーが造られていますが、その全てに共通して言えることは、このビールが愛されるようになった理由、透明な麦わらのように淡い色、そして爽快かつど越しの良さが、どのピルスナータイプにも健在なことです。

初めて造られたピルスナーは、チェコのピルゼンという村で日の目を見ました。それまでの長い間、ピルゼンの人々は上面発行のエール・ビールを醸造していました。しかし、ドイツの醸造家ジョセフ・グロールを村に迎え入れたことで全てが一変しました。1842年、ジョセフは、身近にあった淡い色の麦芽、村に湧く軟水、サーズなどのホップを、冷たい洞窟の中でドイツの「ラガーリング製法」(下面発酵、ラガー)を用いてビールを醸造しました。

するとなんということでしょう、そこには今まで見たこともない、淡く透きとおった軽い口当たりのビールが出来上がっていました。
このビールはドイツ語のピルゼンを語源にピルスナーと呼ばれ、瞬く間に近隣の町や村を席巻し、1850年頃にはパリやウイーンにまで輸出されるようになりました。

やがてこのビールの人気は各地に広まり、数えきれないほどの場所で醸造され、今日のピルスナーというスタイルの語源となりました。今でもオリジナルのピルスナー「ウルケル」を飲むことが出来ます。ウルケルは「元の井戸」(オリジナル)の意味を表します。

関連商品

ページトップへ