ブーン・クリーク瓶375ml

価格: ¥870 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

写真のグラスは付属しません。

ブーン・クリーク_TM ブーン・クリーク_ロゴ


ブーン・クリークは、酸っぱいチェリーを加えたランビック・ビールです。1〜2年熟成させたランビック・ビールに、1リットルあたりサワーチェリー(スペイン・ガリシア産)250gが加えられ、風味の良い味わいに仕上げられています。深みと個性を与えるため、そのチェリー・ビールは古いオーク樽で熟成させたランビック・ビールとブレンドされます。ブーン・クリークはこうして造られます。

ブーン・グースを白ワインと比べるなら、ブーン・クリークには赤ワインのフルーティーな香りがそれにあたります。ブーン・クリークの基本的な味は、ランビック・ビールの穏やかな酸味とサワーチェリーに由来します。チェリーは、わずかな甘さと、ふんだんなフルーティーさをもたらします。甘酸っぱいフルーティーさをバックボーンに、アーモンドとバニラのタッチがなめらかで飲みやすいだけではない複雑さを加えています。

Boon Kriek is a lambic beer added with sour cherries. For every liter of beer, 250g of real sour cherries from the Spanish region of Galicia. The cherries are added to a lambic beer that has aged for 1 to 2 years to give it a winy taste. To give the beer more depth and character, this cherry beer is then blended with older oak aged lambic beer. This way Boon Kriek is created.

If Boon Geuze can be compared to a white wine, Boon Kriek can match the fruity nose of a red wine. Boon Kriek’s overtone comes from the mild acidity of its lambic base beer and the sour cherries. However, the cherries also add a slight sweetness and of course a lot of fruitiness. The sour sweet fruitiness will remain the backbone of Boon Kriek, but touches of almond and vanilla add a little bit of complexity to this smooth and easy to drink fruit beer.

ブーン_atm



商品名(英) Boon Kriek 375ml ビールカテゴリ フルーツ・ビール(ランビック系)
原材料 麦芽、ホップ、小麦、糖類、さくらんぼ/甘味料(アセスルファムK) 原産国 ベルギー
アルコール分 4.0% 醸造所 ブーン醸造所
内容量 375ml こんな料理に チェリーシャーベット
商品サイズ 65mm x 265mm 飲み頃温度 4℃
重量 850g IBU 12

BOON ブーン 醸造所

醸造所Brouwerij Boon
所在地Fonteinstraat 65, 1502 Lembeek, Belgium
サイトhttps://www.boon.be/

ブーン醸造所 ブーン醸造所の歴史は、J.B. クラース(J.B. Claes) が一軒の農家を買って醸造・蒸留所を始めた1680 年に遡ります。1978 年、ハル村(Halle) に住んでいた、ランビック・ビールのブレンダーであり、地方 でつくられていたエール の売買人でもあったフランク・ブーン(Frank Boon) が、その歴史のある醸造所を買い取りました。新しくオーナーとなったブーンは直ちに ランビック・ビールの新たな熟成 貯蔵に取り掛かり、醸造所の近代化に向けて一歩ずつ長い道のりを歩み始めました。手狭になった醸造所は1986 年にレンベーク村(Lembeek)の中心地近くに移転せざるを得なくなりました。伝統的な旧式の設備を 備えた新しい醸造所が1989 年に操業を開始しました。
Fruit Beer
フルーツ・ビール
フルーツビールといえば、伝統的なランビック、レッドビール、ブラウンビールにさくらんぼ(クリーク)、木苺(フランボアーズ)などの果実を 漬け込み、二次発酵を行った物が有名です。

しかし近年ではホワイトビールなどをベースにさくらんぼ(クリーク)、木苺(フランボワーズ)、クランベリー、カシス、青りんご、ピーチなどの 果汁をブレンドしたカクテル感覚のバラエティーに富んだビールが人気を呼んでいます。

Lambic Beer
ランビック・ビール
ランビックはブリュッセル南西に位置するパヨッテンラントという地域だけで醸造される珍しいタイプのビールです。

ランビックはこのあたりの空気中に浮遊する野生酵母を使用した、「自然発酵」と呼ばれるタイプのビールです。

正式にランビックと呼称出来るのは、この地域で造られたビールだけです。「自然発酵」はブリュッセルを横断するゼナの谷に生息すると 言われる野生酵母と他の微生物を一緒に取り込むことによって行われています。野生酵母を使用することによりランビックはより複雑な 香りを醸し出します。

ランビックの製造は非常にユニークです。例えば、原料に発芽していない生小麦を大麦麦芽に30%以上ブレンドして醸造を行います。 (ベルギー及び、EUの法律でランビックの呼称を得る為の小麦の使用量が規定されています)

また1年~3年間寝かせたホップを通常ビールに使用する量の3倍~6倍も使用しています。これはホップの風味をビールに使うのではなく、 ホップに含まれる殺菌効果を利用するためと考えられています。

絞られた麦汁は醸造所の屋根裏にある底の浅い冷却層で一晩冷やされます。それはその時に野生酵母を取り込むためといわれています。 その後オークや栗の木樽に入れ醗酵と熟成を行います。

ランビックの醗酵室は、薄暗く、「蜘蛛の巣」で覆われています。これは空気中に生息する蔵付の「野生酵母」を守るためといわれています。 また蜘蛛の巣は、雑菌を運ぶハエを捕るため、大切にされています。

関連商品

ページトップへ