ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビア・ヘル瓶500ml

価格: ¥649 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

写真のグラスは付属しません。

ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビア_TM ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビア_ロゴ


ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビアは、1516年のバイエルン純粋令の創始者で、オクトーバーフェストの創設者が造ったビールです。バイエルンの王族は、約200年間、地域全体でビール醸造を独占していました。つまり彼らは、小麦のビール( ヴァイスビア )の醸造に関して非常に経験が豊富であったということです。

ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビアをグラスに注ぐと、すぐに熟したバナナのような香りが鼻孔を魅了します。しかし、クローブやレモンのような他の香りを完全に抑えることはせず、すっきりした小麦の味わいやバナナの風味も続きます。もし、口当たりがクリーミーでふわふわでシルクのように完璧でなければ、甘さが圧倒するかもしれません。そんなことはなく、なめらかでまろやかまた重厚で豪華なのです。
フルーティーな香りと味わいがケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビアを美味しいビールにします。非常に柔らかくてさわやかな口当たりは完璧です。

This beer comes from the originators of the Bavarian purity law from 1516 and the founding family of the Oktoberfest. The royal family of Bavaria held the monopoly on brewing beer in the entire region for around 200 years, which means that they can be considered extremely experienced in brewing wheat beers, also known as Weissbier.

After pouring Konig Ludwig Weissbier Hell into a glass, the aroma of ripe bananas immediately enchants the nose. Though not as to completely subdue other smells, like those of clove and a little bit of lemon. The taste continues with clear-cut wheat-characteristics and full-on banana flavors. The sweetness produced might be overwhelming if the beer didn’t have such a perfect mouthfeel: creamy, fluffy, silky and teasing every bud of the tongue. Smooth and mellow, thick and luxurious.
The fruity aroma and taste make Konig Ludwig Weissbier Hell a good beer, the extremely soft and refreshing mouthfeel tips it over to perfection.

ケーニッヒ・ルードヴィッヒ・ヴァイスビア_atm



商品名(英) Konig Ludwig Weissbier Hell 500ml ビールカテゴリ ヴァイツェン
原材料 麦芽、ホップ 原産国 ドイツ
アルコール分 5.5% 醸造所 カルテンベルグ醸造所
内容量 500ml こんな料理に 鯛の塩釜焼
商品サイズ 65mm x 260mm 飲み頃温度 4~8℃
重量 950g IBU 11

KALTENBERG カルテンベルグ 醸造所

醸造所König Ludwig Brauerei (Schloß
Kaltenberg)
所在地Schloßstraße 8, 65535 Geltendorf,
Germany
サイトhttps://www.koenig-ludwig-brauerei.com/altersabfrage.php

カルテンベルグ醸造所 1260 年ヴィッテルスバッハ王室のルードヴィッヒ2 世(バイエルン公)がバイエルン州に ケーニッヒ・ルードヴィッヒの醸造所を設立しました。「ロイヤルビール」というスローガンのもと、1516 年にヴィルヘルム4 世 が今も有名な「ビール純粋令」を発布しましたが、一部の宮廷醸造所や修道院にだけ小麦を使ったビールの醸造が認められました。ヴァイツェンが「貴族のビール」と呼ばれる由縁です。1810 年にルードヴィッヒ 1世(バイエルン 王国)が 10 月12 日に結婚し、ミュンヘン市民は数日間、祝いの宴を繰り広げました。これが毎年の恒例となり、のちにオクトーバーフェストとなりました。現在の「カルテンベルグ城」(Schloss Kaltenberg) 内の醸造所 は1870 年から使われています。
Weissbier/Weizen
ヴァイスビア・ヴァイツェン
ヴァイスビアとは、ベルギーの「ベルジャンホワイト・ビール」(ウィット・ビール)と同じ様に、醸造工程で沢山の小麦が使われたビールのスタイルです。伝統的なヴァイスビアには、小麦麦芽が使用され、大麦麦芽の割合の最低50%が使用されています。
ヴァイスビアは、小麦を意味する「ヴァイツェン」、酵母小麦を意味する「ヘフェヴァイツェン」とも呼ばれています。

ヴァイツェンは、見た目やその味わいからとてもわかりビールです。典型的な特徴の一つは、曇ったというよりはむしろ濁った淡い藁の様な色合いで、ボリュームのある泡が立ちます。香りや味わいのどちらにも、バナナやクローブのようなフルーティな-旋律を真っ先に感じます。このような特徴は、この種のビールを醸造する為に改良された酵母の品種が影響しています。このスタイルのビールには、殆どホップの苦みを感じる事はありませんが、それを強い炭酸の刺激と飲み易さが補っています。

伝統的なヴァイスビアの他にも、ヴァイスビアを基にして様々なジャンルのビールが造られています。例えるなら、小麦を使ったダークビールの「ドゥンケルヴァイツェン」や、高アルコールパーセンテージで少し色の濃い「ヴァイツェンボック」が有ります。

関連商品

ページトップへ