ドゥシャス・チェリー瓶330ml

価格: ¥671 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

写真のグラスは付属しません。

ドゥシャス・チェリー_TM

美味しいものは変えることはしない。この概念のもと、ドゥシャス・デ・ブルゴーニュは造り始めてから一度も姉妹商品を造ってきませんでした。しかし、本当に美味しいものができた時、その考え方は意味をなさなくなります。そして2018年、ドゥシャス・チェリーが誕生しました。

ドゥシャス・チェリーは、伝統的なサワー・レッド・エールのドゥシャス・デ・ブルゴーニュはオーク樽で熟成している段階で添加物なしのサワーチェリーを混ぜ込みます。これにより、繊細な甘いバニラと木樽の風味を持つ美しいワインのようなルビーレッド色のサワー・フルーツ・ビールができあがります。パッションフルーツとレーズンのような味わいの特徴がありますが、簡単に言えば、その特徴は全てチェリーです!
ドゥシャス・チェリーはドゥシャス・デ・ブルゴーニュが持つ酸味とレッドフルーツの味わいがより強調されています。自家製のチェリーパイを思わせるドゥシャス・チェリーは、ドゥシャス・デ・ブルゴーニュと同じくらい美味しいです。ただ沢山のチェリーをいれただけ!

Why mess with a winning formula? That was why Duchesse de Bourgogne has never seen any variations since its conception. But if you make something really good, that way of thought just doesn’t make any sense. So in 2018, Duchesse Cherry saw the light.

The traditional red sour ale Duchesse de Bourgogne is blended with sour cherries during the maturation period in oak casks. No additives, only cherries. The resulting beer is a beautiful wine-like ruby-red colored sour fruit beer with subtle touches of sweet vanilla and oak. The fruitiness reveals hints of passionfruit and raisin, but to put it simply: it’s all about the cherries here!
Duchesse Cherry emphasizes the sourness and taste of red fruit already recognizable in Duchesse de Bourgogne. Reminiscent of a home-made sour cherry pie, Duchesse Cherry is as tasty as Duchesse de Bourgogne itself. Only more cherry!

商品名(英) Duchesse Cherry 330ml ビールカテゴリ フルーツ・ビール(レッド・ビール系)
原材料 麦芽、ホップ、糖類、さくらんぼ 原産国 ベルギー
アルコール分 6.8% 醸造所 ヴェルハーゲ醸造所
内容量 330ml こんな料理に チョコレート、ベルギーワッフル(リエージュ風)
商品サイズ 60㎜ x 225mm 飲み頃温度 7℃
重量 600g IBU 16

フルーツ・ビール
フルーツビールといえば、伝統的なランビック、レッドビール、ブラウンビールにさくらんぼ(クリーク)、木苺(フランボアーズ)などの果実を漬け込み、二次発酵を行った物が有名です。

しかし近年ではホワイトビールなどをベースにさくらんぼ(クリーク)、木苺(フランボワーズ)、クランベリー、カシス、青りんご、ピーチなどの果汁をブレンドしたカクテル感覚のバラエティーに富んだビールが人気を呼んでいます。


レッド・ビール
レッド・ビール
レッドビールは、西フランダースという限定された地域で造られる甘酸っぱく爽やかな酸味と芳香が特徴のビールです。フランダース・レッド・エールとも呼ばれています。

ウィーン・モルトなど、赤大麦を麦芽にして造る為、ブルゴーニュ・ワインにも似た赤茶色が特徴になっています。このレッドビールもマイケル・ジャクソン氏によって命名された分類です。

上面発酵酵母でアルコール発酵させた後、巨大なオーク樽に入れて熟成をします。樽で長期間の熟成する事によって、樽に付着する乳酸菌や他の微生物、また桶のタンニンやカラメルの成分などがビールに複雑な味と香りを与えます。

手間隙かけて造られたビールは、比較的透明で真紅から茶色に近い色彩をしています。香りにはシトラス、さくらんぼ、プラム、レーズン果実系の芳香の他、バニラやチョコレートと言った香りを感じさせる物まであります。

しかし全てのレッドエールはその複雑な香りの中にも大なり小なりはっきりとした酸味を感じることが出来ます。ホップの苦味は少なくタンニンを含む物が一般的で、これらの特徴がビールの特徴である赤い色とも重なり「ワインの代用」に製造されたとも言われています。 レッドビールにはランビックのようにフルーツを漬け込んだタイプの物も数多く存在します。

関連商品

ページトップへ