グーデン・カロルス・ インダルジャンス・2021瓶750ml

価格: ¥2,420 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

写真のグラスは付属しません。

グーデン・カロルス・インダルジャンス・2021瓶750ml テイストチャート グーデン・カロルス_ロゴ ヘット・アンケル_ロゴ


グーデン・カロルス・インダルジャンスは、今までにない原料を今までにない製造方法で、一度だけ醸造するシリーズです。 数量は限定で醸造され、通常750mlのボトルに詰められます。とてもユニークで個性のあるビールで、また750mlボトル詰なので、皆さんでご賞味いただくには最適です。

西暦2021年は、チャールズ5世が神聖ローマ帝国で導入した金貨の500周年にあたります。この金貨は「グーデン・カロルス」と呼ばれていました。これは、遠い昔の話ですが、「グーデン・カロルス」は今でも健在です。とは言え、今は全く別の物を意味します。今では「グーデン・カロルス」は、チャールズ5世の生誕の地であるメッヘレン市に在る、ヘット・アンケル醸造所が造るビールの主力商品の名称として受け継がれています。
ヘット・アンケル醸造所は、インダルジャンスシリーズの7thエディションを「グーデン・カロルス」の500周年記念として、いにしえのコインの色に模して黄金色の強いビールを醸造しました。
「Anno 1521」と名付けられたこの特別なビールは、とても柔らかく滑らかにバランスのとれたホップの苦みの中にアーモンドやヘーゼルナッツを感じさせ、ドライでフルボディ感を楽しめるビールに仕上がっています。

Gouden Carolus Indulgence is a series of one-time brews for which a new recipe and new materials are thought up. They are consistently packed in 750ml bottles to accentuate the limited availability and its character as a unique beer. Also, because of its size it becomes easier to share the experience with friends and loved one.

The year 2021 marks the exact 500th anniversary of the golden coins that Charles V introduced in his Holy Roman Empire. These coins were called “Gouden Carolus”. While this is a story of a far and distant past, the coins are still very much alive – albeit with a very different meaning. Now “Gouden Carolus” refers to the leading brand of Brewery Het Anker, located in Mechelen which is the birthplace of Charles V.
So, for this 7th edition of the Indulgence series, Het Anker brewed a festive version of a strong golden blond beer, reflecting the color of the ancient coins.
Called “Anno 1521”, this golden blond specialty beer has a soft and smooth hop bitterness balanced with subtle hints of almonds and hazelnuts, leading to a dry and full-bodied finish.



商品名(英) Gouden Carolus Indulgence 2021 (Anno 1521) 750ml ビールカテゴリ スペシャル・ビール(トリプル・ビール)
原材料 麦芽、ホップ、糖類 原産国 ベルギー
アルコール分 8.5% 醸造所 ヘット・アンケル醸造所
内容量 750ml こんな料理に 焼きナス
商品サイズ 80mm x 315mm 飲み頃温度 8~10℃
重量 1.4kg IBU 30

HET ANKER ヘット・アンケル 醸造所

醸造所Brouwerij Het Anker
所在地Guido Gezellelaan 49, 2800 Mechelen,
Belgium
サイトhttps://www.hetanker.be/

ヘット・アンケル醸造所 メッヘレン市(Mechelen) の古い記録によれば、ヘット・アンケル醸造所の歴史は1471 年まで遡ることができます。現在、ベルギーで操業している醸造所として、最古の醸造所になります。1990 年代の終わり頃、シャルレ・ レクレ(Charles Leclef) が醸造所の再生計画をスタートさせ、生産設備への新規投資と醸造所の古い建物の修復にとりかかりました。醸造所の歴史的建造物は、パブやレストランを併設したビール博物館として親しまれています。

Special Beer
スペシャル・ビール
アメリカ合衆国においてのクラフトビール人気は早く、1965年頃からありましたが、本当に関心が高まったのは2010年頃からです。このクラフトビールへの動きは、それまでのビールスタイルの定義を崩壊させ、ビールファンや初心者たちは、「どのビールが何というビールスタイルか」を明確に定義する事が難しくなりました。
ユニークなクラフトビールが現れる前まで、大量生産で造られるピルスナースタイルに飽き足らない人々は、ビールの宝庫、ベルギービールを見つけました。そこにはとても小さな国には多すぎる程のビールの種類がありました(もちろん今も、そしてこれからも)。

BEERSHOPのサイトでは、主にベルギービールを取り扱っている為、故マイケルジャクソン氏(歌手のではありません)が提唱したカテゴリー、例えば、ランビック・ビール、レッド・ビール、ホワイト・ビールなどによってカテゴリーを分けています。
しかしながら、BEERSHOPで取扱う全てのビールがマイケルジャクソン氏のカテゴリーに当てはまるわけではありません。その様なビールを纏めて一つのカテゴリーとし、「スペシャル・ビール」と表記しています。

スペシャル・ビールの特徴には、色、原料、アルコール度数、更には醸造所にまつわる特別な物語があります。或いは、町や都市、特定の地域に人々の歴史や生活に永年に渡り密接に結びついているビールもあります。
そして、先述したようにアメリカ合衆国でのクラフトビール人気はいくつかのユニークなビールのタイプを産み出しました。以前はアメリカの醸造家たちがベルギービールのスタイルをお手本にしていましたが、今ではベルギーの醸造家がアメリカのクラフトビールの基準に従いビールを造る事も珍しくありません。
BEERSHOPでは、どのカテゴリーにも分類できないビールを「スペシャル・ビール」として取り扱っています。是非ともお気に召す1本をお探しください!!

関連商品

ページトップへ