商品データ・解説

GOTOベルギ→

GoToベルギー Brugge Tripel Tripel d'Anvers Maneblusser Blanche de Namur

ブルージュは、日本からの観光客のほとんどが訪れる、ベルギーが誇る観光地です。
つの世界大戦では、近隣で激しい戦闘がありましたが、ブルージュは驚くほど被害が少なく、ヨーロッパで、昔ながらの雰囲気を残す数少ない街の1つです。
13世紀頃、ブルージュは、自由な発想の貿易とそれに伴って繁栄した港で有名になりました。その後、港は近くのゼーブルージュに移転しましたが、ブルージュが歴史的な中心地であることに変わりありません。石畳の通りを歩いたり、小さな運河のクルーズ船に乗ったりすると、おとぎ話の世界そのままのような、中世の家々やエレガントな教会、印象的な塔などが連なる街並みを楽しむことができます。

ブルージュの最盛期、ビールの主な成分の1つは「グルート」というハーブの混合物でした。時が経つにつれ、これらのハーブとスパイスはホップに置き換えられましたが、それ以前はこのグルートが非常に重要であり、その市場は独占されていました。「グルート」は“グルートフーズ” “グルートハウス”と呼ばれるひとつの場所でしか購入できなかったのです。
現在、このグルートフーズはミュージアムになっており、ビールに関するもの以外にも、この独占によってリッチになったファミリーのいろいろなアートコレクションが展示されています。


アントワープは世界の首都なのです少なくともそのにぎやかさにおいて。シャイな市民の印象とは少し違う、活気のある街です。アントワープは、首都であるブリュッセルに次ぐ、ベルギーで2番目に大きな都市です。実際には何の首都でもないですが、ダイヤモンドとファッションで世界的に有名です。
歴史上、この街の経済はずっと港に依存してきました。長い間、アントワープ港はヨーロッパ最大の港で、街は中世に経済的に成長しました。もちろん時間とともに町並みは変化していますが、今もその頃の素晴らしい建造物がたくさん残っています。例えば、サイズの違う2つの塔を持つ大聖堂や、多くの石畳の通り、市庁舎などです。そこにたくさんのカフェやそのテラスが組み合わさった、歴史的な部分と現代的な部分の両方において、見どころ満載で活気あふれる街です。

アントワープという街の名前は、伝説が起源で「手を投げる」を意味するオランダ語「handwerpen」に由来しています。その伝説とは、アンティグーンという巨人が、街の要所であるスヘルト川を渡ろうとする人から通行料をせしめ、払えない人に対しては手をちょん切って川に投げ、住民を困らせていました。そこで、ブラボという地元の英雄がアンティグーンを成敗し、その手を川に捨てたーというものです。市庁舎前のフローテマルクト広場にはブラボの大きな像があり、この像は「トリプル・ダンヴェルスTripeld’Anvers」というビールのフロントラベルにもプリントされています。「Anvers」はフランス語でアントワープを意味しており「トリプル・ダンヴェルス」は、文字通り「アントワープのトリプルスタイルのビール」です。


栄を続けています。16世紀、メヘレンは現在のベルギーとオランダのほとんどをカバーする、ネーデルランドの首都になりました。また、16世紀にヨーロッパの皇帝だったチャールズ5世の故郷でもあります。皇帝のお気に入りのビールはメヘレン産の茶色のビールだったと言われています。おそらくそれは、今もメヘレンのランドマークであるヘット・アンケル醸造所が醸造したビールでしょう。その後、メヘレンはネーデルランドの宗教的な主要拠点となり、当時の建物はセント・ルンボルト大聖堂を頂点として、さまざまな印象的な教会に姿を変えつつ、現存しています。

多くの歴史的な教会の次に、メヘレンの街は運河を誇りに思っています。少し小さいですが、ブルージュ運河によく似ています。しかし、メヘレンは前述の通り見過ごされてしまいがちなので、とても静かでリラックスできます。プランケンダール動物園も見どころです。そんなに大きな動物園ではありませんが、動物達がありのままに近い生活が出来るようなスペースを作っています。また、ベルギーシェパードマリノア犬(マリノアはフランス語で「メヘレンから」の意味)も広く知られています。警察からは爆弾や麻薬を追跡するのに高評価を受けており、アメリカのシークレットサービスもホワイトハウスの地上警備にマリノアを起用しています。

さて、ヘット・アンケル醸造所とセント・ルンボルト大聖堂に話を戻しましょう。


ナミュールは小さな都市ですが、ロケーション的にも中ほどにあり、また重要な貿易の中心地であったという歴史もあって、ワロン地方の首都です。サンブル川とムース川が合流する場所に位置し、昔から戦略的にもとても重要な場所でした。この要所は長年にわたって保護が強化され、今も残るナミュールの城塞が建てられました。ナミュールの街やその周辺は、2つの世界大戦でドイツの標的となりました。城塞は難攻不落と見られていましたが、実際には時代遅れになってしまって、役割を果たすことは出来ませんでした。戦争記念館や墓標、さらには防空壕の跡などがこの地域のいたるところにたくさん残っています。

城塞は丘の上にあり、小さな通りや、色とりどりの家があるナミュールの街を見渡せます。小さな街はとても心地よく、のんびり散歩することができます。多くの教会、例えばサントーバン大聖堂や、ナミュール古代美術館などは、非常に興味深いスポットです。

ナミュールの街とビールの関係は、14世紀のナミュールの美女の物語にまで遡ります。

ページトップへ