ヴェデット・エクストラ・IPA瓶330ml

価格: ¥488 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

写真のグラスは付属しません。

ヴェデット・エクストラ・IPA_TM VEIPAセイウチ ヴェデット・エクストラ・IPA_ロゴ


マスコットはセイウチ!苦味と爽やかさが調和した新感覚IPA
ヴェデット・エクストラ・IPAは2015年に発売されました。爽やかでフレッシュな味わいと、ドライでスパイシーな後味で、最後の一滴まで喉の渇きを癒します。このようなベルジャンIPAの特徴を持つこのビールは夜のお供に最適です。

「ヴェデット」シリーズ特有の爽やかさとIPAの特徴である苦みが調和したビールです。グレープフルーツのようなまろやかな苦味は段々強くなって、マンゴーやパッションフルーツのような甘いフルーツの風味とバランスを取っています。フレッシュ感・フルーティー感、そしてフローラル感が甘いカラメルの風味に変わり、後を引きます。驚くほどさっぱりしたフルーティーさで、適度な強めの苦味が楽しめます。
ヴェデットHPへ

Launched in 2015, Vedett Extra playfully takes a Belgian look at the IPA trend going around the world. Thirst-quenching to the last drop, this beer has a crisp and fresh taste with nice bittersweet, dry and spicy finish. These characteristics make for a multi-layered Belgian IPA which will quickly become your favorite on a thirsty evening.

Vedett Extra IPA combines the smoothness inherent to all Vedett brands and the flavorsome bitterness that characterizes an IPA. This bitterness reminding of grapefruits intensifies towards the finish and is beautifully complimented with the sweet fruitiness of mango and passionfruit.
Fresh, fruity and floral notes give way to touches of caramel sweetness and keep lingering for a long time in the aftertaste. Surprisingly fresh and fruity with just the right amount of bitterness.

ヴェデット・エクストラ・IPA_atm



商品名(英) Vedett Extra IPA 330ml ビールカテゴリ IPA
原材料 麦芽、ホップ、糖類 原産国 ベルギー
アルコール分 5.5% 醸造所 デュベル・モルトガット醸造所
内容量 330ml こんな料理に グリルラム
商品サイズ 70mm x 175mm 飲み頃温度 3~5℃
重量 600g IBU 40

DUVEL MOORTGAT BREWERY デュベル・モルトガット 醸造所

醸造所Duvel Moortgat
所在地Breendonkdorp 58, 2870 Puurs - Sint-Amands, Belgium
サイトhttp://duvel.jp/

デュベル・モルトガット醸造所 1871 年、ステーンフッフェル村 (Steenhuffel) の醸造家一族の息子であったヤン- レオナルド・モルトガット(Jan-Leonard Moortgat)が、妻のマリア・デ・ブロック(Maria De Block) と共にデュベル・ モルトガット醸造所を設立しました。当初「デュベル」は1918 年に終結した第一次世界大戦を記念して「ヴィクトリー・エール」と命名されました。その後、試飲会でヴァン・デ・ワウワー(Van De Wouwer) という近所の靴屋の店主に「このビールはまさに悪魔だ」と称賛されたことが、その歴史を変えました。1923 年以降、このビールは悪魔を意味する、「Duvel」というブランド名で販売されることになりました。近年、 デュベル・モルトガット醸造所は近隣諸国( オランダ、フランス、イギリス)での体制を強化し、輸出事業を世界規模で飛躍的に進展させています。

IPA (India Pale Ale)
IPA(インディア・ ペール・エール)
インディア・ペール・エールの起源をたどれば、18世紀のイギリスまで遡ります。当時は、色の淡いペール・エールが普通でした。それらのビール造りには、より燻製や焙煎の少ない麦芽が使われた為、色の淡いエールに仕上がり、素朴なホップの花が適量使われていました。
その様な中、樽の中で2年間の長い熟成を行う為に、余分にホップが加えられたビールが、初めて醸造されました。そしてそのビールは、イギリスから植民地であった様々な国への長旅にとても適している事が証明されました。保存料代わりのホップが余分に使用されたビールは、その味わいにもとても良い影響を与えました。このポップの効いたイングリッシュ・ペール・エールは、始めエクスポート・ペール・エールとして広まり、後にインディア・ペール・エールとして知れ渡る事となりました。

イングリッシュスタイルのインディア・ペール・エールは、今でもまだ見かける事はありますが、20世紀の終わりに新しいアメリカンスタイルのペール・エールが台頭し人気を博しました。アメリカンホップは、香りや味わいがとても刺激的で、このホップの特徴を際立たせるビールへ、IPAスタイルは傾倒していきました。このアメリカンスタイルのIPAは、強い苦みと余りあるホップの香りで世界を席巻し、沢山のビール好きをクラフトビールの世界へと誘いました。

IPAは通常、ホップの香りが強い、高アルコールで苦みの効いたビールです。IPAスタイルは、そのサブスタイルに応じて味わいに大きな違いが有ります。例えば、イングリッシュ・IPAは、バランスがとれた、丸みを帯びた味わいのビールであるのに対し、アメリカン・IPAは、華やかなホップの香りと、苦みが強調されています。ベルジャン・IPAも同様にホップの香りや苦みの強いビールですが、典型的なベルギー酵母の特徴とのバランスに重点を置いています。

関連商品

ページトップへ