• ランキング4

リーフマンス瓶250ml

価格: ¥424 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

写真のグラスは付属しません。

リーフマンス_TM リーフマンス_ロゴ リーフマンス_atm1


リーフマンス
青い空、赤い秘密
リーフマンスは、新鮮なベリー系フルーツをたっぷり使った新感覚ビール。低アルコール&低カロリーだから、アルコールが苦手な人や女性にぴったり!
氷を入れてオンザロックにしても楽しめるし、カクテルの材料としても使える、あなたがかつて体験したことのない、エレガントでスタイリッシュなビールです。

リーフマンスは、チェリーをベースに18ヶ月間熟成させた後、ストロベリー、 ラズベリー、チェリー、ブルーベリー、エルダーベリーのフレッシュジュースをブレンドして造られた、フルーツ・ビール。とてもユニークでフレッシュな味わいを備え、甘くはじける新鮮さと、きめ細やかな泡立ちが特徴です。
ビールの常識を覆す新しい飲み方、「リーフマンス・オン・ザ・ロック」もおすすめ。

Liefmans is an easy to drink, refreshing beer with plenty of fresh berry flavors. Low in alcohol & low in calories, Liefmans is perfect for people who want a light and fruity alcoholic drink!
Elegant and stylish, Liefmans can be drunk in various unique ways: savor it “on the rocks” or enjoy it as the base of a lovely fruits cocktail.

Liefmans is a beautiful sparkling appetizer fruit beer made by macerating cherries in blond beer for 18 months, after which this is blended with strawberry, raspberry, cherry, blueberry and elderberry juices. Its very unique sweet and sour taste is bubbling, refreshing and brim-full of fruity flavors.
Especially in the summer season, drinking "Liefmans “on the rocks" brings an even more refreshing feel with it.

リーフマンス リーフマンスカクテル?
スッキリとした甘さが人気のチェリーフルーツビール
エレガントな赤色に個性あふれる香り、味。リーフマンスは、複雑なブレンドと長い熟成期間を経て造られるユニークなフルーツビールです。チェリーの甘くフレッシュな味わいが口の中ではじけます。
ビールの常識を覆す新しい飲み方、氷を入れた「オン・ザ・ロック」や、フルーツリキュールなどを加えた「リーフマンス・カクテル」もおすすめです。
リーフマンスHPへ
リーフマンス_注ぎ方

リーフマンス_atm2




商品名(英) Liefmans Fruitesse 250ml ビールカテゴリ フルーツ・ビール(レッド・ビール系)
原材料 麦芽、ホップ、糖類、さくらんぼ、フルーツジュース(ストロベリー、ラズベリー、チェリー、ブルーベリー、エルダーベリー)/香料、甘味料(アセスルファムK) 原産国 ベルギー
アルコール分 3.8% 醸造所 リーフマンス醸造所
内容量 250ml こんな料理に フルーツの盛り合わせ、バニラアイス
商品サイズ 60mm x 220mm 飲み頃温度 3~5℃
重量 500g IBU 9

LIEFMANS リーフマンス 醸造所

醸造所Brouwerij Liefmans
所在地Aalststraat 200, 9700 Oudenaarde,
Belgium
サイトhttp://www.liefmans.jp/

リーフマンス醸造所 リーフマンス醸造所の歴史は、1679 年まで遡ります。1933 年には、町の中心からスヘルデ川岸に醸造所を移転しました。リーフマンスの個性的な風味は、野生酵母と長い熟成期間によって引き出されています。さらに、 若いビールと熟成ビールを絶妙のバランスでブレンドし、瓶内で二次発酵させることで、その個性をより際立たせています。
Fruit Beer
フルーツ・ビール
ビールのスタイルから推測できるように、フルーツビールとはビールを醸造する段階に果物その物や、果汁が使われた物の事を言います。フルーツビールは人類の歴史上のどこかで造られていたかもしれませんが、現在知られているフルーツビールは、ベルギーのフルーツランビックビールを原型としています。
ドイツやイギリスなどビール醸造の歴史が豊富な国では、ビールに果物を使用する事はご法度とされていました。しかし、ベルギーではハーブやスパイスが伝統的にビール醸造に使われ、また「ビール純粋令」のようなガイドラインが無かったことも、果物だけでなく、様々な食材をビール醸造に試すことを容易にしました。

初めてのフルーツビールは、20世紀の初頭にベルギーの伝統的なランビックの醸造家によって造られました。その頃、酸っぱいランビック・ビールは、ピルスナースタイルの台頭によって国内での人気を失っていました。人気の減少に歯止めをかけるべく、醸造家たちは、発酵の途中にサクランボやラズベリーを加える実験を試みました。結果、ランビック・ビールの酸味の他に果実感と甘みを兼ね備えたビールが出来上がりました。

フルーツビールの人気は直ぐに広まり、ランビック・ビール以外の醸造所もビールに果実や果実の抽出成分を入れたビールを造り始めました。果実は酸っぱいランビック・ビールに留まらず、通常のブロンド・ビール、赤ワインのようなレッド・ビール、そして軽くて甘い白ビールにも用いられました。今では果物の種類もサクランボやラズベリーだけでなく、リンゴに桃、更にはパイナップルを使用したエキゾチックなものまで造られています。

色々な種類のビールをベースに、また様々な素材の果物を使用する事で、フルーツビールには、酸っぱい物から甘い物、濃い色、薄い色、ボディ感の違い、アルコール度数の高低まで多種多様なビールが混在し、一般的な特徴を特定する事が難しくなりました。しかし、良いフルーツビールとは、ベースとなるビールの特徴と、加えられる果物の味や香りのバランスが程よく引き出されたビールです。
フルーツビールは、ビールの苦みが苦手な人々へ、ビールの代わりに提供できる有効な飲み物としても人気が有ります。
Red Beer
レッド・ビール
レッドビールは、西フランダースという限定された地域で造られる甘酸っぱく爽やかな酸味と芳香が特徴のビールです。フランダース・レッド・ エールとも呼ばれています。

ウィーン・モルトなど、赤大麦を麦芽にして造る為、ブルゴーニュ・ワインにも似た赤茶色が特徴になっています。このレッドビールもマイケル・ ジャクソン氏によって命名された分類です。

上面発酵酵母でアルコール発酵させた後、巨大なオーク樽に入れて熟成をします。樽で長期間の熟成する事によって、樽に付着する 乳酸菌や他の微生物、また桶のタンニンやカラメルの成分などがビールに複雑な味と香りを与えます。

手間隙かけて造られたビールは、比較的透明で真紅から茶色に近い色彩をしています。香りにはシトラス、さくらんぼ、プラム、レーズン 果実系の芳香の他、バニラやチョコレートと言った香りを感じさせる物まであります。

しかし全てのレッドエールはその複雑な香りの中にも大なり小なりはっきりとした酸味を感じることが出来ます。ホップの苦味は少なく タンニンを含む物が一般的で、これらの特徴がビールの特徴である赤い色とも重なり「ワインの代用」に製造されたとも言われています。 レッドビールにはランビックのようにフルーツを漬け込んだタイプの物も数多く存在します。

関連商品

ページトップへ