醸造所Brasserie Du Bocq
所在地Rue de la Brasserie 4, 5530 Purnode/Yvoir, Belgium
サイトhttp://www.bocq.be/en/

デュ・ボック

デュ・ボック(Du Bocq)醸造所の歴史は1858年に始まります。プルノーデ(Purnode)村の農民であったマルティン・ベロト(Martin Belot)が自宅の納屋でビールの醸造を始めました。当初は兼業で、農作業ができない冬の間だけ醸造していました。その後、農場の近くに良質で水量も豊富な井戸が発見されたことはマルティンに大きな利点となりました。

その頃、醸造されたビールは、自家と醸造所から数キロの範囲内だけに供給されていました。第一次世界大戦の後になって、主だったビールアイテムがベルギー国内の広い地域へ供給されるようになったのです。

デュ・ボック醸造所

1960年には農業を廃業しました。そしてビールを近所へ直接配送することはなくなり、スーパーマーケットを通じて或いは卸業を通じて配送される、もっと近代的な物流方法が取られました。1967年、2種類の新たなビールが製品リストに加わりました。セゾン・レガル(Saison Regal)とレガル・クリスマス(Regal Christmas)で、これは現在のゴールワーズ・アンバーとゴールワーズ・クリスマスの原型です。この時にベロト家では、瓶内で二次発酵させる特別な上面発酵ビールの生産に特化することを決めました。

1988年はブロンシュ・デ・ナミュールの生産が始まり、醸造所にとって大きな節目となります。伝統に基づいて醸造されたこの白ビールは、あっという間にデュ・ボック醸造所のポートフォリオの中で最強の製品となり、さらに2010年頃にはブロンシュ・デ・ナミュール・アップルやロゼなどの姉妹ブランドへとつながっていきます。 世界でベルギービールの人気は高まり、それに伴い生産量は増加しました。2015年には104,000ヘクトリットル(10,400キロリットル)を超え、ベルギー南部の主たる独立した醸造所のひとつになりました。

独自のビールブランドの他に、古くからコルセンドンクビールも製造してきました。 2015年後半、コルセンドンク社がデュ・ボック醸造所を買収し、関係はさらに強くなりました。今、両社はひとつになって協力しながらも、依然としてお互い独自の機能を果たしています。

表示切替: 並び順:
4件中1件~4件を表示
4件中1件~4件を表示

ページトップへ