シトラス瓶330ml

価格: ¥660 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

写真のグラスは付属しません。


たっぷりと贅沢に配合したグレープフルーツ果汁が、みずみずしさと心地よい苦味を演出。清酒の仕込みに使われる酒米を使用することで米のもつ旨みとコクも十分に感じられるビールに仕上げました。

The abundant use of grapefruits create a fresh and pleasant bitter taste, while the use of sake rice makes sure the beer has lots of umami.

商品名(英) Citras 330ml ビールカテゴリ フルーツ・ビール
原材料 麦芽(ドイツ産)、ホップ、小麦、米、グレープフルーツ果汁、オレンジピール、コリアンダー/香料 原産国 日本
アルコール分 4.5% 醸造所 KONISHI
内容量 330ml こんな料理に 鶏の岩塩焼き
商品サイズ 65mm x 227mm 飲み頃温度 3~5℃
重量 685g IBU -

KONISHI BREWING

醸造所Konishi Brewing
所在地664-0851兵庫県伊丹市中央3-4-15
3-4-15 Chuo, Itami, Hyogo 664-0851
サイトhttps://www.konishi.co.jp/konishibeer/

KONISHIクラフトブルワリー 阪神大震災からわずか6ヵ月後、長年の酒造業者である小西酒造は、日本で先駆けとなるクラフトビールのブリューパブをオープンすることでその回復力を示しました。
日本の大多数のビール醸造所とは異なり、同社はベルギーの醸造技術に基づいたスタイルのビールを醸造することにしました。1988年からベルギービールを輸入しており、醸造したいビールの種類とそれに必要な知識を得る方法を知っていたからです。
同社は前田透杜氏をビール醸造を直接体験するためにベルギーへ派遣し、また日本においても、有名な醸造所を建てることにも携わった、ベルギーの醸造専門家ジャン・リュック・ソイス氏の豊富な知識に頼ることができました。
小西酒造は、長年の経験を経て、日本酒の発酵技術などの日本独自の要素を取り入れながら、ベルギースタイルのビールを醸造するという当初の目標に到達しています。

Fruit Beer
フルーツ・ビール
ビールのスタイルから推測できるように、フルーツビールとはビールを醸造する段階に果物その物や、果汁が使われた物の事を言います。フルーツビールは人類の歴史上のどこかで造られていたかもしれませんが、現在知られているフルーツビールは、ベルギーのフルーツランビックビールを原型としています。
ドイツやイギリスなどビール醸造の歴史が豊富な国では、ビールに果物を使用する事はご法度とされていました。しかし、ベルギーではハーブやスパイスが伝統的にビール醸造に使われ、また「ビール純粋令」のようなガイドラインが無かったことも、果物だけでなく、様々な食材をビール醸造に試すことを容易にしました。

初めてのフルーツビールは、20世紀の初頭にベルギーの伝統的なランビックの醸造家によって造られました。その頃、酸っぱいランビック・ビールは、ピルスナースタイルの台頭によって国内での人気を失っていました。人気の減少に歯止めをかけるべく、醸造家たちは、発酵の途中にサクランボやラズベリーを加える実験を試みました。結果、ランビック・ビールの酸味の他に果実感と甘みを兼ね備えたビールが出来上がりました。

フルーツビールの人気は直ぐに広まり、ランビック・ビール以外の醸造所もビールに果実や果実の抽出成分を入れたビールを造り始めました。果実は酸っぱいランビック・ビールに留まらず、通常のブロンド・ビール、赤ワインのようなレッド・ビール、そして軽くて甘い白ビールにも用いられました。今では果物の種類もサクランボやラズベリーだけでなく、リンゴに桃、更にはパイナップルを使用したエキゾチックなものまで造られています。

色々な種類のビールをベースに、また様々な素材の果物を使用する事で、フルーツビールには、酸っぱい物から甘い物、濃い色、薄い色、ボディ感の違い、アルコール度数の高低まで多種多様なビールが混在し、一般的な特徴を特定する事が難しくなりました。しかし、良いフルーツビールとは、ベースとなるビールの特徴と、加えられる果物の味や香りのバランスが程よく引き出されたビールです。
フルーツビールは、ビールの苦みが苦手な人々へ、ビールの代わりに提供できる有効な飲み物としても人気が有ります。

関連商品

ページトップへ